ホームページへもどる

 

込はこちらから!今すぐ!

 

 

クイック操作

 

 どんなに優れた商品でも、使い方が分らなければ意味は無い。お客様が使えるように設計したり、説明書を分りやすくすることも重要だ。最近では、利用方法を簡素化するための試みが増えている。

 顧客がAとBを迷ったとき、ほとんど変わらないものであれば、必ず利用しやすいものを選ぶだろう。使いやすさは、安全性の面でも優れている。瞬時に簡単に操作できる商品を、多くの消費者が求めているのは間違いがない。

 

 ●自動車メーカー各社が、カーエアコンやオーディオを直接手で触らずに操作できる装置の開発を急いでいる。手で直接触る必要がなく、手を振るなどの仕草だけで済むようになる。そのため、運転中にスイッチを探して視線をそらすこともなく、事故防止が期待できる。製造コストを二万円以下に抑え、5年以内の実用化を目指す考えだ。

 ●玩具メーカー、タカラの子会社のチョロQモーターズは、自転車にもバイクにもなる折り畳みが可能な原動機付き自転車「tu(トゥ)」を2003年4月に発売する。スイッチ一つで自転車にもバイクにもなるという。4時間の充電で30キロの距離を走れ、最高時速は24キロ。希望小売価格は19万円。

 

 従来では考えられない発想によって、クイック操作を達成する。これが、これからのメーカーを見るときのバロメーターになるだろう。手を振るだけ、ワンタッチでバイクへ。このような簡単に切り替わる装置は、今後も成長するはずだ。

 

 お客様が簡単に使い始めることができる商品・サービスをつくれ。可能であれば、従来の枠を飛び越えた発想を取り入れながら実現せよ。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


  © 2002-2003 PoCALcom, Inc. All rights reserved.
このサイトに掲載されている記事・写真・図表などの無断転載を禁じます。
サイトに関するご連絡は: pocalcom@spice-of-legend.com